塗料の種類とチョーキングの関係を知る必要性

外壁塗装をする時は塗料の種類を詳しく知ることが重要で、色落ちをしないようにしないともったいなくなります。チョーキングは塗膜が劣化して起き、触ると手にチョークの粉のようなものが付いてしまい剥がれると周囲から目立ってしまうものです。基本的に起きる原因は塗料の劣化によるもので、経年劣化が進む前に塗装をしないと外見が古く見えてしまいます。外壁塗装は安物の塗料を使うといつの間にか剥がれやすくなり、チョーキングは衣類と接触すると汚れる原因になるため困るものです。塗装をするタイミングはチョーキングが起きてしまうと雨水などで流れてしまうため、色落ちが目立つ前にしないと見た目が悪くなります。

 

外壁塗装をする時は塗料の種類とチョーキングの関係を知る必要性は高く、その場しのぎにならないように手順を決める必要があります。塗料は価格が安いと色落ちやチョーキングなどが起きやすく、事前に含まれる原料や効果が持続する期間の目安を確かめないと後悔するものです。チョーキングが起きる要因は施工不良などがあり、業者を選ぶ際には信頼や実績があることを確かめる必要があります。塗装で選ぶ塗料は知識がないとチョーキングなどのトラブルが起きやすく、事前に口コミなどを参考にして決めることが大事です。

 

外壁塗装は色選びも大事!

自分たちらしいカラーの組み合わせ

 

外壁は一番最初に目につくところですよね。
そのため、失敗したくない!理想を叶えたい!と色々なパターンの外壁を検討するのですが…。
見れば見るほど何がいいのか分からなくなって困っている方もいるのではないでしょうか?私もその1人でした。
どんな雰囲気の家にしようか…と考えはじめると、今まで何気なく通り過ぎていた知らないお宅の外壁までもが気になってしまうようになりました。
そしてもうひとつ外壁を選ぶ上で大切なのは、近隣とのバランスではないでしょうか?
最近では外壁は白色が人気だと聞きました。
我が家も最初は白色にしたいと思っていましたが、近隣のお宅も新築が多く、もれなく白色のお宅ばかりだったのです!
もちろん白色でもそれぞれ個性があり、素敵なのですが、我が家は白色は諦め、周りとは少し違うイメージにしようと決めました。
私は北欧風の住宅に憧れがありましたので、グレーの外壁、そして窓などを白色のフチで囲うことを提案しました。
外壁にも色々な種類があり、レンガ調のものや、木目調のものなど、自分たちが納得のいく最高の外観を作り上げるため、メーカーの方にも協力していただき、たくさんのサンプル画像を作って毎日夫婦で相談し合いました。
大変な作業ではありましたが、おかげさまで納得のいく外観になり、とても満足しています。

低汚染塗料を使った外壁塗装をしてみた感想

外壁塗装フッ素で外壁塗装の施工をされている家なのですが、年数相当に疲れがあちこちに見えてきていたため、思い切って外壁塗装のやり替えを検討することにしました。

近所の外壁塗装専門の業者の方に外壁の汚れと塗装について相談することにしました。

とにかく外壁の汚れが気になることを伝えると、話題の低汚染塗料を使用しての外壁塗装を勧めて頂いたのでこちらの業者に依頼を決意しました。

詳しい内容を担当スタッフさんと細かく打ち合わせをし工事をお願いすることにしました。

色の選択は担当さんからのアドバイスを受けて、少し派手な色合いのアイボリ-な色を選びました。

洗浄・下処理の為に、高圧洗浄が行われました。結構勢いの水が使われるので、新しい家ではないので、壁等が傷まないかと不安にもなりました。

施工してそれから2年たちました。以前は、道路に面している壁の汚れと裏側の壁の汚れとでは、大きな差があり半年に一度洗わないと黒噛んできて、その洗浄が苦痛でした。今回、低汚染塗料を使って外壁塗装を進めたので、汚れが目立つことなく、施工後2年たちますが、まだ洗浄をしていません。

あんまり期待していなかったので、大変仕上がりにとても満足しています。

汚れない外壁にするための2つの方法

外壁塗装は住宅を雨水から守り、住宅寿命を短くしないために必須のメンテナンスのリフォームです。それと同時に外壁が汚れていると住宅全体が古ぼけて見えてしまう為、外壁塗装を行うのは、外観を綺麗にする意味もある事はもちろんです。
長年埃や雨露にさらされる事で、外壁はどうしても汚く汚れてしまうものです。しかし、折角外壁塗装を行うなら、塗膜寿命のコストパフォーマンスと共に、少しでも汚れにくい外壁にする事を考えるべきと言えます。
窯業系サイディングの外壁

汚れにくい外壁とする塗装方法としては、2つの方法が考えられます。その1つは、同じだけ汚れても、その汚れが目立ちにくい色を選定する方法です。真っ白の外壁は塗りたては非常に綺麗で輝くように感じられますが、汚れが目立ちやすいのが欠点です。
汚れが目立ちにくい色としては、ベージュ色や茶色系を選ぶと、真っ白よりも汚れが軽減して見えます。しかし、余り濃い色にすると、家全体が暗い印象になるので、その兼ね合いには十分注意が必要です。

もう1つの方法としては、光触媒塗料を使用する方法です。この光触媒塗料では壁面に付着した汚れが、光が当たる事で分解され、雨水で汚れが洗い流されるセルフクリーニング効果がある塗料です。価格は一般のシリコン系塗料に比べて高くなりますが、汚れにくい外壁とするには、良い方法と言えます。

低汚染塗料を使った外壁塗装を採用して、2年間、壁洗いなしです

細部の塗装14年前に当時は最先端であったフッ素で外壁塗装の施工をいたしました。年数相当に疲れがあちこちに見えてきていたため、思い切って外壁塗装のやり替えを検討。
まず最初に、ネットで家から近い外壁塗装専門の業者を検索しました。検索結果で出てきた街の外壁塗装やさん千葉本店が家から近いところにあると分かったため、まずは電話で外壁の汚れと塗装について相談してみました。とにかく外壁の汚れが気になることを伝えると、話題の低汚染塗料を使用しての外壁塗装を勧めて頂きました。
詳しい内容を担当スタッフさんと細かく打ち合わせをし工事をお願いすることにしました。 続きを読む 低汚染塗料を使った外壁塗装を採用して、2年間、壁洗いなしです

工場が近隣にある為外壁を低汚染塗料で塗装しました

外壁下塗り我が家は東京都内のいわゆる昔ながらの下町と呼ばれる地域に建つ築20年の一戸建てです。3階建ての建物で木造建築で作られている我が家は、古くから工業地帯として知られる東京都内の一角に建っており、自宅の南側と北側、そして西側の三方向にそれぞれプラスチックの原料を製造する工場、研磨工場、鉄工を行う工場があり、自宅の目の前の道をのぞいて工場に自宅を囲まれる形の場所に立地しています。 続きを読む 工場が近隣にある為外壁を低汚染塗料で塗装しました

マンションの外壁塗装に提案した結果

マンションと青空マンションの外壁塗装に提案した結果、採用されて6年目、正直、大評判と聞きました。使用したメーカーはこうわ化学工業(現ダイレックス)の低汚染シリコン塗料です。使用の理由は、マンションが幹線道路沿いに建っており、福岡市でも交通量の多い場所にありますので、やたらホコリが目立ちます。 続きを読む マンションの外壁塗装に提案した結果

外壁を低汚染塗料で塗装した経験談

吹き付け塗装夢のマイホームを手に入れた後は、家のメンテナンスが大切になってきます。外壁もその1つです。外壁は雨風などの天候や、真夏の紫外線などで痛んでしまいます。我が家も長年住み続けた結果、外壁が痛んできました。そろそろ外壁の塗装を業者に頼もうと思い、どんな外壁塗料が良いのかを調べてみました。 続きを読む 外壁を低汚染塗料で塗装した経験談

低汚染塗料を塗ってみたけど苔の影響は変わらなかった

ローラーで塗装結構雨の影響などを受けて、外壁に苔のようなものがついていることがありました。このままだと取り除くことが大変になってしまうので、出来る限りしっかり綺麗にしたいと考えて、低汚染塗料を塗ってもらうことにしました。 続きを読む 低汚染塗料を塗ってみたけど苔の影響は変わらなかった