汚れない外壁にするための2つの方法

外壁塗装は住宅を雨水から守り、住宅寿命を短くしないために必須のメンテナンスのリフォームです。それと同時に外壁が汚れていると住宅全体が古ぼけて見えてしまう為、外壁塗装を行うのは、外観を綺麗にする意味もある事はもちろんです。
長年埃や雨露にさらされる事で、外壁はどうしても汚く汚れてしまうものです。しかし、折角外壁塗装を行うなら、塗膜寿命のコストパフォーマンスと共に、少しでも汚れにくい外壁にする事を考えるべきと言えます。
窯業系サイディングの外壁

汚れにくい外壁とする塗装方法としては、2つの方法が考えられます。その1つは、同じだけ汚れても、その汚れが目立ちにくい色を選定する方法です。真っ白の外壁は塗りたては非常に綺麗で輝くように感じられますが、汚れが目立ちやすいのが欠点です。
汚れが目立ちにくい色としては、ベージュ色や茶色系を選ぶと、真っ白よりも汚れが軽減して見えます。しかし、余り濃い色にすると、家全体が暗い印象になるので、その兼ね合いには十分注意が必要です。

もう1つの方法としては、光触媒塗料を使用する方法です。この光触媒塗料では壁面に付着した汚れが、光が当たる事で分解され、雨水で汚れが洗い流されるセルフクリーニング効果がある塗料です。価格は一般のシリコン系塗料に比べて高くなりますが、汚れにくい外壁とするには、良い方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です