低汚染塗料を塗ってみたけど苔の影響は変わらなかった

ローラーで塗装結構雨の影響などを受けて、外壁に苔のようなものがついていることがありました。このままだと取り除くことが大変になってしまうので、出来る限りしっかり綺麗にしたいと考えて、低汚染塗料を塗ってもらうことにしました。苔むした外壁担当者の人は、これは結構効果があって、数年はしっかりと持たせてくれると思いますという話をしていました。低汚染塗料について全く知らなかったので、その説明を聞いて大丈夫だと判断して、そのまま利用することとしました。

塗装は専門の業者がしっかりと対応してくれて、綺麗に塗ってもらいました。家の外観が結構変わったような感じもあり、低汚染塗料は見た目的にもいいものだと思って、安心できると思いました。乾いてから更に綺麗な感じが出ていたこともあり、これがそのまま続けばいいと思っていましたが、やっぱり苔の問題は解決されません。雨が強く振り、外壁にかなり打ち付けるような状態になっていると、そのうち苔のようなものが出来てしまい、塗装の意味が何もない状態となりました。

苔を取るのも結構作業的に辛いもので、これが続くと塗装分だけ損をしているのかなという気持ちが強くなりました。流石に担当者に連絡を入れて、また出来ていることを伝えました。同じ塗装では効果がないのかもしれないと言われて、次は別の塗装をしてもらう事になりましたが、これもあまり効果がなかったです。湿気が多いことや、壁の角度なども影響しているのかもしれないと言われましたが、流石に塗装で対応できないのはどうしようも無いのかもと思います。

結局塗装した分だけ損をしている感じで、一応対策はしてもらったものの、思ったほど変わっていないのが現状です。やはり低汚染塗料と言っても、本当に汚染から守ることができるとは思えないのかなと考えています。一応少しはできにくくなっているので、一定の効果はあるのかもしれませんが、この効果が持続してくれないことにはあまり意味が無いのも現状です。