マンションの外壁塗装に提案した結果

マンションと青空マンションの外壁塗装に提案した結果、採用されて6年目、正直、大評判と聞きました。使用したメーカーはこうわ化学工業(現ダイレックス)の低汚染シリコン塗料です。使用の理由は、マンションが幹線道路沿いに建っており、福岡市でも交通量の多い場所にありますので、やたらホコリが目立ちます。

例えば、フッ素やシリコン塗料を使用したとしても乾燥時にホコリまで吸いながらながら硬化するので、汚れは目立つし、『雨垂れ』黒い筋も発生の確立は高くなります。そこで、この塗料はセルフレベリングがあり、ほこりや汚れが、外壁に付着したとしても自ら汚れを押し出しきれいにするという品物です。

マンション塗料には素人さんでは解かりにくい性能が多く、外壁には塗膜の強いフッ素塗料が一番良いと思われると思いますが、汚れを自ら巻き込みながらじゃ乾燥硬化するので、汚れやすい特徴があります。また、雨の接触角度も高く、塗膜伝導率の関係もあり、雨垂れが発生しやすいものです。

私が嬉しかったのは、管理会社を通じて、このマンションは「外壁がきれいだね」と評判になっていることを住民が言っていたことを聞いたことです。ましてシリコンだから、それなりのツヤも出ますし、汚れが付かないことはマンションみたいな大壁には非常に目立つことにもなります。何故、このマンションだけ、いつまでも綺麗なの?と同じ時期に大規模改修工事した住民は不思議がっていたそうです。正直、戸建てにはあまり、大きな差は感じないかもしれませんが、コンクリートの壁面で同じ色のマンションだと低汚染塗料の差は明確に結果として出てきます。

関西から西の地方はツヤを気にします。外壁にツヤが無くなったら塗り替えを考えるそうです。一方、関西より東は、ツヤは抑えて塗装することを希望されると聞きます。一概に、強い塗膜のフッ素塗装(塗料)といっても良い面と良くない面があります。次回塗り替えまで、きれいに外観を保ちたいなら、低汚染塗料をお勧めします。個人的には、水性塗料より溶剤塗料を推薦したいと思います。